亀田内藤戦の無様な試合・時事ニュース、芸能ニュース関連をお届け

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田内藤戦の無様な試合


あれがボクシングか?
明らかに判定狙いの亀田先方は見ていて面白くなかった。
内藤選手は、もう年なのかなぁって感じ。
見せ場も全くないし。。。
判定というのが、ボクシングにはあるわけだし、勝つためには仕方ないのかもしれませんが。
ボクシング、面白くなくなったなぁって感じです。

世界ボクシング評議会(WBC)のダブルタイトルマッチが29日、さいたまスーパーアリーナで行われた。WBCフライ級タイトルマッチ12回戦は同級3位、亀田興毅(23)=亀田=が同級王者、内藤大助(35)=宮田=に判定3-0で勝ち、新王者になった。06年8月の世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級に続く国内7人目の2階級制覇を達成。35歳2カ月の内藤は6度目の防衛に失敗し、自身の持つ日本人最年長世界王座防衛記録(34歳8カ月)の更新はならず、日本人の世界フライ級王座防衛回数単独最多記録を逃した。亀田興は次戦で暫定王者、ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との対戦を求められている。(毎日新聞)

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091129-00000056-mai-spo
Copyright © とほほニュース All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。